WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAXノーリミットモード速度適切な時期とは

「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが市場提供している全部のWiFiルーターを言う」というのが正解ではあるのですが、「どこにいようともネットを可能にしてくれる端末すべてを指す」と言った方がいいと思います。
「WiMAXのエリア確認をやるにはやったけど、絶対に利用できるのか?」など、自身がいつもモバイル端末を使っている地区が、WiMAXが使用可能なエリアに入っているのかいないのかと思い悩んでいるのではないですか?
LTEについては、今ある3Gを「長期的に進化させたもの」という意味を持ち、将来に登場すると思われる4Gへの転換を無理なく遂行するためのものです。そんな理由から、「3.9G」として分類されています。
WiMAX2+のギガ放題プランの場合、月間7GBというデータ使用量の縛りはなくなりますが、3日間で3GBを超過しますと、速度制限対象になることがあるのでご注意ください。
「WiMAXを買うつもりでいるけど、サービスエリア内かどうか不安がある。」と思っている場合は、「15日間無料トライアル」があるので、そのお試し期間を積極的に利用して、常日頃の生活圏内で使ってみるべきでしょう。



WiMAXノーリミットモード速度の価格が下がる?

WiMAXモバイルルーターと称されているものは、WiMAXのモバイル通信網を利用することによって、タブレットまたはパソコンなどのWiFiを捉えることができる端末と通信回線を接続するための小型の通信機器なのです。
今のところWiMAX2+の通信が可能なエリアとなっていないという方も、目下販売されているWiFiルーターを利用すれば、従来のWiMAXにも繋ぐことが可能ですし、月に1000円程度必要ですがオプション料金を支払うことにすれば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも接続可能です。
「通信可能エリア」「通信容量」「速度制限の有無とその速さ」「料金」という4つの項目で比較検証してみた結果、どなたがセレクトしても満足できるモバイルWiFiルーターは、わずか1機種だけでした。
オプション料金は掛かりますが、WiMAXのサービスエリアの外でも、高速で著名なLTE通信を使用することが可能な機種も販売されているので、基本的にこちらの機種さえ所有していたら、日本国内どこでもモバイル通信ができると思われます。
キャッシュバックしてもらう前に「契約を解約」などということになると、キャッシュは一切受領できませんので、キャッシュバックに関しましては、きちんと把握しておくことが重要になります。



WiMAXノーリミットモード速度の買い替え年数とは

モバイルWiFiルーターをチョイスする時に、必ず手を抜かずに比較していただきたいのがプロバイダーです。プロバイダーにより、販売しているモバイルWiFiルーターの機種や料金がまるっきり異なるからです。
WiMAXと言うと、もちろんキャッシュバックキャンペーンが支持を得ますが、最近の傾向として月額料金がリーズナブルになるキャンペーンも支持されています。
WIMAXの「ギガ放題プラン」を申し込めば、ひと月毎のデータ通信量の上限はないですし、キャッシュバックキャンペーンを活用することで、月額料金も3000~4000円程度に抑制できますから、最も推奨できるプランだと考えられます。
私の家の場合は、ネットに接続する際はWiMAXを使うようにしております。気に掛けていた回線速度についても、全然ストレスを感じない速さです。
スマホで利用するLTE回線とシステム上異なっているのは、スマホは本体自体が直接的に電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターを利用して電波を受信するというところだと考えます。