WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAX解約auはどちらを利用した方が良い?

LTEに負けず劣らずの高速モバイル通信が期待できるWiMAXという通信規格も高い評価を受けています。通常はノートパソコン等々で使っているという人が多く、「好きな時に好きな場所で高速WiFi通信に接続ができる!」というのが最大の利点だと思います。
正直申し上げて、LTEを利用することができるエリアはそれほど大きくありませんが、エリア外で通信する際は自動で3G通信に変更されますから、「繋ぐことができない」という様なことは皆無だと言えます。
「ネット使い放題プラン」で注目を浴びているWiMAX。高速モバイル通信が使い放題のモバイルWiFiルーターとして現在の一番人気を誇っており、導入も簡単で、プラン内容からすれば月額料金もそれほど高くありません。
DoCoMoだったりワイモバイルにて決められている速度制限が行われますと、下り速度が128kbpsにまでダウンされますが、この速度だと、ヤフージャパンのTOPページを開こうとしましても、20秒から30秒は取られることになります。
過去の規格と比べると、今の時代のLTEには、接続であるとか伝送の遅延を低減するための高いレベルの技術があれやこれやと盛り込まれています。



WiMAX解約auはどちらが高く取ってくれる?

LTEというのは、今の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味で名付けられた通信規格で、今後登場してくるであろう4Gへの移行を無理なく進める為のものです。それもあって、「3.9G」として説明されることがあります。
WiMAX2+は、2013年に提供開始された回線サービスなのです。WiMAXと比較して通信速度などがレベルアップし、多くのプロバイダーが一歩先を行くWiMAXとして、一生懸命販売しているというわけです。
ワイモバイルのポケットWiFiが良いという評価を信じて、初めて使用してみましたが、今まで有していた概ね同様のサービス内容の同業他社のモノと比較しましても、通信品質などの面は優るとも劣らないと実感することができました。
「WiMAXを購入することにしたけど、通信サービス可能エリア内かを確認したい。」という方は、「15日間無料お試し」がありますから、その無料サービスをぜひ活かして、実際に使ってみた方がいいでしょう。
「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが提供するWiFiルーターすべて」というのが本当のところなのですが、「家の外でもネットを可能にするための端末全部を指す」事の方が多いと言えます。



WiMAX解約auでも高価をしてくれる?

今現在人気のあるWiMAXモバイルルーターの全ラインナップ機種と比較しても、W03は断然バッテリーの持ちが良い端末です。ずっと外出しなければいけないときなども、心配することなく使用できます。
Y!モバイルまたはNTTDoCoMoの場合だと、3日間で1GBという通信量を超えることになると、規定されている期間速度制限を受けることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)だと、そういった制限は規定されていません。
速度制限がないのはWiMAXだけという印象かもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式を切り替えることで、速度制限が掛かることなく利用可能な「アドバンスモード」と呼ばれるプランがあります。
完全に同じモバイルルーターであろうとも、プロバイダーにより月額料金は異なるのが一般的です。こちらのサイトでは、人気抜群の機種を“料金”順でランキング一覧にしてありますから、比較していただければと思います。
現状ではWiMAXをセールスしているプロバイダーは20社を優に超え、各社ごとにキャンペーン特典の内容であったり料金が異なっています。このサイトでは、高評価のプロバイダーを9社ご提示しますので、比較するといいでしょう。