WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAX月額どんな状態だと比較をしてくれるのか

外であるとか我が家でWiFiを使用したいなら、モバイルWiFiルーターが必要です。評判が良いと言われているワイモバイルとWiMAXを様々に比較してみたので、よろしければ閲覧ください。
今もWiMAXを使用しているのですが、先入観無しでモバイルWiFiルーターを比較し、「実際にいいものはどれなのか?」を見定めてみたいと思うようになりました。
WiMAX2+のギガ放題プランにすれば、月間7GBというデータ使用量の規定はなくなりますが、3日間で3GBをオーバーすることになると、速度制限に見舞われてしまうということを覚えておいてください。
月間のデータ使用量制限が設けられていない「ギガ放題」とは別のプランとして、WiMAX2+には「通常プラン」というのもラインナップされているのです。こちらの「通常プラン」の場合は、「データ使用量は最大7GBまで」という設定になっております。
旧タイプの規格と比べると、ここ最近のLTEには、接続だったり伝送のスピード化を図るための優秀な技術が驚くほど導入されているのです。



WiMAX比較月額とは

モバイルWiFiルーターをチョイスする時に、必ず細心の注意を払って比較していただきたいのがプロバイダーなのです。プロバイダーが違えば、販売しているモバイルWiFiルーターの機種や料金がまるっきり変わることが分かっているからです。
モバイルWiFi業界において、ワイモバイルのポケットWiFiが低価格路線を突っ走っています。ワイモバイルの登場がなければ、今現在のモバイルWiFi端末業界においての価格競争はなかったと思っています。
WiMAXの「ギガ放題」は、データ通信量が3日で3GBを超えるようなことがあると速度制限を受けますが、それでもそこそこ速いので、速度制限に気をまわし過ぎる必要なないと言えます。
WiMAXモバイルルーターと言いますのは、機種によってCA方式または4x4MIMO方式のいずれかの通信技術が盛り込まれているようです。繋がり易さが違いますから、そこのところを意識しながら、どの機種を手に入れるのかを決定しましょう。
今の段階でセールスされている諸々のモバイルルーターの中で、個人的に推奨したいのはハッキリ言ってどの機種なのかを、あまり通信関連が得意でないという方にも分かりやすいように、ランキング形式で提示したいと思います。



WiMAX比較月額の手段とコスト

モバイルルーターに関することを調べてみると、非常に目立つのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。驚くことに、40000円近くの高額なキャッシュバックを用意しているところも見受けられます。
WiMAXの新鋭版として発売されたWiMAX2+は、従来モデルであるWiMAXの3倍の速さでモバイル通信が可能なのです。それに加えて通信モードをチェンジすることで、WiMAXとWiMAX2+は勿論、au 4G LTE回線も使うことが可能です。
どういったタイプのモバイルルーターにも3日3GBか1カ月7GBの速度制限が設けられているのです。とは言え非常識な使い方を自重すれば、3日で3GBを使い切ってしまうことはほとんどないから、それほど心配しなくても問題ありません。
WiMAXモバイルルーターというのは、携行できるようにという目論見で商品化された機器なので、ポケットなどに楽々入る大きさとなっていますが、使用する場合は先に充電しておくことが不可欠です。
ワイモバイルも使用可能エリアはかなり広まっており、離島であったり山間部を除けばだいたい使用できると言ってもいいでしょう。ネットに4G回線を通じて接続することが困難な時は、3G回線を利用して接続できますから、不便だと思うことはほとんどないでしょう。