WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAX比較プロバイダ業者を探そう

「WiMAXを購入するつもりでいるけど、通信可能エリア内かどうかが不安だ。」という人は、15日間の無料お試し期間がありますから、その期間を有効に活用して、数日間使用してみて判断したらいいでしょう。
どのタイプのモバイルルーターにも3日間3GBか1ヶ月間7GBの速度制限設定があります。だけど無謀な使い方をすることがなければ、3日で3GBを使い切ってしまうことはあまりありませんから、そんなに心配する必要はありません。
WiMAXのモバイル通信可能エリアは、しっかりと時間を使って拡大されてきたわけです。その甲斐あって、現在では市内は勿論の事、地下鉄駅などでもほとんど通じないということがないレベルにまで到達しているのです。
WiMAXの通信可能エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に到達しているのです。東京都23区は当然として、日本の県庁所在地などでは、ストレスなくサービスを享受することができると考えて構いません。
評判のWiMAXを利用したいという人は非常に多いと思いますが、「WiMAXとWiMAX2+では、どこが異なるのかが把握できていない」という人を対象に、その相違点をご案内しております。



WiMAX比較プロバイダってなに?

自宅でも外出している最中でもネットに接続することが適うWiMAXですが、現実的に自宅でしか利用しないとおっしゃるなら、WiMAXモバイルルーターよりもご自宅用のルーターの方をおすすめしたいと思います。
ポケットWiFiについては、携帯同様各々の端末が基地局と繋がるというシステムですから、煩わしい配線などは不要なのです。ADSL又はフレッツ光を申し込んだ後に行なわれたインターネット回線工事も不要です。
残念ながらWiMAX2+の通信可能エリアには含まれていないとおっしゃる人も、現状提供されているWiFiルーターを使えば、従来型のWiMAXにも繋げられますし、加えて言うならオプション料金を払うようにすれば、「au 4G LTE」にも接続できることになります。
ワイモバイルというのは、docomoなどと同じ様に自分の会社でWiFi用回線網を所有し、その回線を駆使したサービスを展開している移動体通信事業者で、SIMカード単体のセールスもやっています。
オプションということになりますが、WiMAXのエリア圏外の場合には、高速通信ができるLTE通信を利用することができる機種もありますから、端的に言ってこのWiMAXの機種さえ持っていれば、日本の至る所でモバイル通信ができると言えます。



WiMAX比較プロバイダはどう処分するのか

「ギガ放題プラン」で注目を浴びているWiMAX。高速モバイル通信量無制限のモバイルWiFiルーターとして市場を席巻しており、導入も実に簡単で、プラン内容を考えたら月額料金も決して高くはないです。
通信提供エリアの伸展や通信を安定化させることなど、解消すべき問題はあれこれ残っている状態ですが、LTEはスピードと快適性あふれるモバイル通信を可能にするために、「長期スパンの進歩」を続けている最中だと言えます。
今売っている多くのモバイルルーターの中で、長年の利用経験からおすすめしたいのはズバリどれなのかを、あまり通信関連が得意でないという方にもご理解いただく為に、ランキング形式で提示したいと思います。
プロバイダーにより違いますが、キャッシュバックの金額自体はびっくりするほど高額だとは言えないけれども、申請手続きを簡素化しているところも見受けられます。そういった現実を比較した上でチョイスすべきでしょう。
モバイルルーターのことをネットで検索していると、いろんなサイトで目立つのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。驚くことに、40000円に迫るほどの高額なキャッシュバックを用意しているところも見受けられます。