WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAX急に遅いノウハウとは

WiMAXはあらゆるコストを合算しても、他社のプランより割安な費用でモバイル通信が利用できます。サービス提供エリア内でしたら、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi端末をネットに接続させることが可能です。
UQWiMAX以外のプロバイダーは、本元と言われるUQWiMAXから回線設備等を借りるときに必要なコストしかかからないので、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は安くなっていると言って間違いありません。
WiMAXモバイルルーターと言われるものは、WiMAXのモバイル通信網を活用して、タブレットもしくはパソコンなどのWiFiをキャッチすることができる端末をネットに接続するための小さ目の通信機器というわけです。
「WiMAXを買いたいと思っているけど、サービス提供エリア内かどうかが分からない。」とお思いの方は、「15日間の無料お試し」がありますから、その無料期間を積極的に利用して、実際に使ってみることをおすすめします。
ひと月の料金は言うまでもなく、回線の速度やキャッシュバックキャンペーンなども比較することが大事になってきます。それらを意識して、ここ最近高評価のモバイルルーターをランキング一覧にしました。



WiMAX急に遅いコストとは

WiMAXと言えば、もちろんキャッシュバックキャンペーンに注目が集まりますが、最近の傾向として月額料金を抑えることができるキャンペーンも高評価です。
一番凄いプロバイダーなどは、キャッシュバックを40000円近くの金額に設定していますので、モバイルWiFiの月額料金が他のプロバイダーと比較して高額だとしても、「トータルコストで言うとお得だ」ということが無きにしも非ずなのです。
WiMAXの通信サービスが可能なエリアは、全国主要都市人口カバー率が99%です。東京都内23区は言うに及ばず、全国の県庁所在地などでは、何一つ制約を受けることなく通信サービスを受けることが可能だと考えて大丈夫でしょう。
今現在はLTEが利用可能なエリアは限定的ですが、エリア外においては自動で3G通信に変更されてしまいますから、「繋げることができない」といったことはないと言っても過言ではありません。
連日WiMAXを利用しているわけですが、客観的な見方でモバイルWiFiルーターを比較し、「現段階で一番申し分ないルーターはどれになるのか?」を明確にしてみたいと思うようになりました。



WiMAX急に遅いと手間もかかる

プロバイダーそれぞれキャッシュバックされる時期はまちまちです。現実的に入金される日は何ヶ月か後という規定になっていますから、そのようなところも理解した上で、どのプロバイダーで買い求めるのかを決定すべきです。
LTEと言われているのは、スマートフォンとか携帯電話などで使用されているこれまでにはなかった高速のモバイル通信技術なのです。3G回線と4G回線の間に位置する通信規格という意味もあって、WiMAXと同じく3.9Gとされています。
WiMAX2+を売っているプロバイダーの毎月の料金(2年契約終了時迄のキャッシュバックも計算に入れた支払い合計額)を比較した結果を、安い料金のプロバイダーから順にランキングスタイルで紹介させていただきます。
「モバイルWiFiを購入しようと考えているけど、無制限&高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するポケットWiFiのどっちにしようか決めかねている。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、双方を比較してご覧に入れましょう。
どこのモバイルWiFiにするかを1か月間の料金だけで決定すると、失敗することがほとんどですから、その料金に着目しながら、その他で注意すべき事項について、しっかりと解説しようと思います。