WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAXキャンペーン比較で査定

モバイルルーターと名がつくなら全て3日3GBか1カ月7GBの速度制限が設けられているのです。ですが常識外の利用をしなければ、3日で3GBも利用することはあまりないでしょうから、そんなに頭を悩ます必要はありません。
WiMAXにおきましては、名の知れたプロバイダーが率先してやっているキャッシュバックキャンペーンが大賑わいですが、このページでは、WiMAXは本当に通信量制限規定が設けられておらず、速度が遅くなることはないのかについて掲載しております。
高速モバイル通信として評価の高いWiMAX2+(ハイスピードモード)については、速度制限が適用されましても下り速度が1~6Mbpsは維持できますから、YouToubeの動画などは見ることができる速度で利用可能だとお伝えしておきます。
「速度制限なし」と謳っているのはWiMAXのみというイメージが強いですが、ワイモバイルにも通信方式を変更することで、速度制限が実施されることなく使える「アドバンスモード」という名称のプランがあるのです。
モバイルWiFiを購入したいなら、ひと月の料金やキャッシュバック等につきましても、間違いなく理解した状態で選択しないと、その先必然的に後悔すると思います。



WiMAXキャンペーン比較とは

モバイルWiFiルーターを選択する場合に、何よりきちんと比較すべきだと思うのがプロバイダーなのです。プロバイダーそれぞれに、扱っているルーターであったり料金が大きく違うからなのです。
ズバリ言って、最も満足のいくモバイルWiFiルーターはWiMAXを除いてありません。どんなルーターと比較しても回線のスピードは速いですし、その上料金が一番安いです。
1~2カ月以内にWiMAXを買うつもりなら、やっぱりギガ放題のWiMAX2+にしましょう。通信速度が速い以外に、WiMAXのサービスエリア内でも使用できるようになっていますので、通じないということがほぼ皆無です。
docomoやワイモバイルにおいて設定のある「3日間で1GB」という制限ですが、1GBという通信量はPCなどで映像を見ると2時間位で達してしまうことになり、瞬く間に速度制限を受けることになります。
モバイルルーターの販売合戦の為に、キャッシュバックキャンペーンを謳っているプロバイダーも見受けられます。キャッシュバック分を加味した料金を比較して、安い順にランキングにしてお見せしております。



WiMAXキャンペーン比較の利用方法

ポケットWiFiと言われているものは、月に使える通信量や電波の種類が違っているので、使用目的によってそれぞれに相応しいモバイルWiFiルーターも異なってきます。
モバイルWiFiルーターと言いますのは、契約年数と一ヶ月の料金、それに加えて速度を比較してセレクトするのが大事なポイントです。はたまた使用するであろうシーンを考えて、通信提供エリアを調査しておくことも大切です。
LTEというものは、今日の3Gを「長期的に進化させたもの」ということで名付けられた通信規格で、数年先に登場する4Gへの移行を円滑に進展させるためのものです。そういうわけで、「3.9G」と呼ばれることが通例です。
通信エリアの充実や通信の円滑化など、克服すべき課題は山積されていますが、LTEは気持ち良いモバイル通信の実現のために、「長期的な革新」を継続中といったところです。
モバイルWiFiをリーズナブルに使用したいなら、言うまでもなく月額料金が重要になります。この月額料金がリーズナブルな機種を選択すれば、合計支払額も安くできますから、何と言ってもその点を確認するようにしましょう。