WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAXキャンペーンキャッシュバックってなに?

大人気のWiMAXを購入したいという人は多々あると思いますが、「WiMAXとWiMAX2+の相違点は何かが把握できていない」という人に役立ててもらえるように、その違いをご紹介したいと思います。
WiMAXは現実に料金が割安なのか?利用のメリットや気を付けるべきポイントを抑えて、評判の格安SIM等とも比較した上で、「ホントに買うべきなのか?」についてお伝えしたいと思います。
WiMAX2+の拡販キャンペーンとして、高額のキャッシュバックをしているプロバイダーが何社か見受けられますが、キャッシュバックキャンペーンは一切行なっていないプロバイダーも存在していますので、気を付けなければなりません。
月間のデータ通信量が制限されることのないWiMAX「ギガ放題」の項目毎の料金を、プロバイダー各々で比較して、有利な順にランキング化しました。月額料金だけで判断するのは早計です。
「ワイモバイル」「WiMAX」「格安sim」全てを購入候補において、それらの利点と欠点を分かった上で、利用状況に即したモバイルルーターをランキング一覧にしてご披露させていただきます。



WiMAXキャンペーンキャッシュバックとは

私がおすすめするプロバイダーは、キャッシュバックを4万円に届きそうな額に設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が別のプロバイダーと見比べて高い設定になっていても、「トータルコストで見るとむしろ安い」ということがあり得るわけなのです。
WiMAXにおいては、著名なプロバイダーが実施中のキャッシュバックキャンペーンが大好評ですが、ご覧のページでは、WiMAXは本当に通信量制限規定がなく、お得だと言えるのかについてご説明しております。
「WiMAXのエリア確認を実施してはみたけど、実際に利用することができるのか?」など、貴方自身がいつもモバイル端末を使っている地区が、WiMAXを使用することが可能なエリアかエリアじゃないのかと不安を抱いているのではないでしょうか?
WiMAXモバイルルーターにつきましては、幾つかの種類があるのですが、それぞれの種類毎にセットされている機能が異なっているわけです。こちらのウェブサイトでは、各々のルーターの機能とか仕様を比較することが可能となっています。
自分の部屋であったり街中でWiFiを使用したいなら、モバイルWiFiルーターがないと話になりません。その人気機種であるワイモバイルとWiMAXを詳細に比較してみたので、モバイルWiFiルーターが欲しいという場合は、参考にしてみてください。





WiMAXキャンペーンキャッシュバックと提携

WiMAXと言いますのはモバイルWiFiルーターのひとつで、家の中でも屋外でもネット利用が可能で、驚くことに1カ月間の通信量も無制限となっている、大注目のWiFiルーターだと言えます。
「速度制限が為される理由は何か?」と言いますと、モバイル用の通信回線に一時に大量の接続が為されると、そのエリアでパソコンを使用しているすべての契約者が、接続できなくなったり速度が不安定になってしまうからです。
UQWiMAXを除くプロバイダーは、大元であるUQWiMAXから通信回線の設備をレンタルするためのコスト以外かかりませんから、UQWiMAXと比較したところで、その料金は低額になっていることが大半です。
今現在WiMAX2+の通信カバーエリアとなっていないと言われる方も、現段階でラインナップされているWiFiルーターでしたら、従前のWiMAXにも繋ぐことができるようになっていますし、追加でオプション料金を払うことにすれば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも接続可能となります。
同一機種のモバイルルーターであっても、プロバイダー次第で月額料金は異なります。このウェブページでは、人気のある機種を“料金”順でランキングにしていますから、比較していただければと思います。