WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAX比較機種4つのポイントを抑えよう

今もってWiMAX2+の通信カバーエリアとなっていないと言われる方も、今の段階で買えるWiFiルーターにて、従来回線のWiMAXにも繋ぐことができますし、月に1000円程度必要ですがオプション料金を払うことにすれば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも繋げられます。
ご存じないかもしれませんが、「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの登録商標であるわけです。にも関わらずWiFiルーターの一種だということで、現在では普通の名詞だと信じている人が少なくないと思われます。
WiMAXの一ヶ月の料金を、可能な範囲で抑えたいと思いながら検索しているのではないですか?そうした方に役立てていただく為に、一ヶ月の料金を低く抑える為の秘訣をご案内いたします。
以前の通信規格と比較してみても、信じられないくらい通信速度がレベルアップしていて、色々なデータを一括して送受信可能だというのがLTEの特長です。現代人のニーズを満足してくれる通信規格だと考えられます。
WiMAXモバイルルーターと申しますのは、運搬しやすいように製造された機器ですから、ズボンのポケットなどに易々しまうことが可能な大きさですが、利用する時は先に充電しておかないといけません。



WiMAX機種比較するノウハウとは?

WiMAX2+というのは、平成25年より市場に提供され始めたモバイル通信回線サービスなのです。それまで主流だったWiMAXと比べましても、通信速度などが著しく高速になり、様々なプロバイダーが最新鋭のWiMAXとして、頑張って販売展開している状況です。
ずっとWiMAXを使っているわけですが、先入観無しでモバイルWiFiルーターを比較し、「現実満足度の高いものはどのルーターなのか?」を明らかにしてみたいと思っております。
WiMAXモバイルルーターは、色んな種類があるのですが、それぞれの種類毎に組み込まれている機能に差があります。このホームページでは、各々のルーターの機能であるとか様式を比較してもらうことができます。
モバイルWiFiを利用するなら、できるだけ経費を抑えたいでしょう。料金に関しましては毎月毎月徴収されますから、たとえ200~300円くらいの違いだとしても、年間ということになりますと結構な違いが生まれます。
「ポケットWiFi」と言いますのは、「ワイモバイルが市場に供給している全WiFiルーターを指している」というのが正解ではあるのですが、「場所を選ぶことなくネットを行える様にしてくれる端末すべてを指す」と考えた方がいいでしょう。



WiMAX比較機種手入れの重要性

モバイルWiFiの1ヶ月の料金は概ね3000~5000円程度ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックをしているところが複数存在します。この戻してもらえる金額を支払い総額から減算すれば、実際に手出しをした費用が判明するというわけです。
「WiMAXを最も安く心配無用で使いたいのだけれど、どのプロバイダーと契約すべきなのかが分からない」という人の為に、WiMAXプロバイダーを比較した限定ページをアップしましたので、是非参考になさってください。
具体的にWiMAXとワイモバイルという高評価の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や一ヶ月の料金などを比較してみましたが、上位機種限定の下り最大速度を除いたほとんど全ての項目で、WiMAXの方が優れていることがはっきりしました。
「WiMAXを購入しようと思っているけど、通信サービス可能エリア内かを確かめたい。」とお考えの方は、「15日間無料トライアル」サービスがあるので、そのお試し期間を積極的に利用して、いつもの生活圏内で使ってみた方が後悔しなくて済みます。
WiMAXを進化させた形で販売開始されたWiMAX2+は、旧モデルであるWiMAXの3倍の速度でモバイル通信が可能だと言われています。それに加えて通信モードを変更したら、WiMAXとWiMAX2+ばかりか、au 4G LTEも利用可能になるのです。