WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAXおすすめプロバイダーをやってみよう!

自社で回線を所有していないプロバイダーは、大元であるUQWiMAXから通信回線等をレンタルするときに必要なコストしか負担する必要がないので、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は低く抑えられていることが大概です。
「ワイモバイル」「WiMAX」「格安sim」の3種を購入対象にして、それらの利点と欠点を把握した上で、利用状況を鑑みたモバイルルーターをランキング一覧でご紹介しております。
モバイルWiFiルーターを1つに絞るという際に、一番注意深く比較すべきだと指摘されるのがプロバイダーです。プロバイダーにより、使える機種とか料金が大きく異なるからなのです。
人気のあるWiMAXを使用したいという人は大勢いらっしゃるでしょうが、「WiMAXとWiMAX2+の違いというのは一体何なのかが分かっていない」という人のお役に立てるように、その相違点をご紹介させていただきます。
「モバイルWiFiを買いたいと思っているけど、高速モバイル通信で有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのどちらにすべきか決めることができない。」という人に役立つように、両者を比較してみたいと思います。



WiMAXおすすめプロバイダーに関して

モバイルルーターなら全部3日3GBか1カ月7GBの速度制限が設けられています。ただ無茶な利用の仕方を避ければ、3日間で3GBに達してしまうことは滅多にありませんから、それほど危惧しなくても大丈夫だと思います。
モバイルWiFiを所有するなら、できる限り支出を削減したいと考えることでしょう。料金というのは月毎に支払う必要がありますから、たとえ数百円程度の違いであっても、一年間ということになると結構大きな差になります。
WiMAXに関しては、常にキャッシュバックキャンペーンに人気が集まりますが、最近の傾向として月額料金を安くできるキャンペーンも支持されています。
ワイモバイルというのは、NTTDoCoMoなどのように自分のところでWiFi用回線を保有し、その回線を用いたサービスを提供している移動体通信事業者(MNO)で、SIMカードのみの販売もやっております。
WiMAXモバイルルーターに関しては、契約する時に機種を選ぶことができ、通常は費用なしでゲットできると思います。けれど選ぶ機種を間違えると、「使う予定のエリアがサービス外だった」ということが少なくはないのです。



WiMAXおすすめプロバイダーをまとめたコンテンツが充実!

過半数以上のプロバイダーが、メールを通じて「キャッシュバックの準備完了」という連絡をしてきます。買ってからすごい日数が経ってからのメールになるので、気付かないことが多いと言われています。
「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが取り扱っているWiFiルーター全部」というのが正しい見解なのですが、「場所を選ばずネット環境を作り出してくれる端末すべてを指す」事の方が多いと言えます。
1~2カ月以内にWiMAXを購入するというときは、何よりもWiMAX2+のギガ放題にすべきです。通信速度が速いのはもとより、WiMAXのサービス提供エリア内でも使えることになっていますから、接続できなくて困るということがありません。
WiMAXモバイルルーターにつきましては、運搬が簡単なように開発されている機器ですので、ポケットなどに易々しまうことが可能な小型サイズということになっていますが、使用するという場合は事前に充電しておくことが不可欠です。
「速度制限なし」と打ち出しているのはWiMAXのみというイメージが強いかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式の切り替えにより、速度制限が行われることなく使い続けることができる「アドバンスモード」という呼び名のプランがあるのです。