WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAXエリアauとは

モバイルWiFiを選択する際に毎月の料金のみで決めてしまいますと、ミスをすることが多いので、その料金に目を付けながら、更に知っておくべき事柄について、懇切丁寧に説明しております。
WIMAXの「ギガ放題プラン」ならば、ひと月のデータ通信量には規定が設けられておりませんし、キャッシュバックキャンペーンを最大限利用すれば、月額料金も3000円から4000円くらいにセーブ可能ですから、非常におすすめだと言えます。
モバイルルーターについてリサーチしてみると、しつこいくらいに目に付くのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。いろいろと見ていくと、3~4万円もの高額なキャッシュバックを行なうとしているプロバイダーも見られます。
WiMAX2+は、平成25年から売り出されることになったWiFiサービスです。WiMAXと比較してみても、通信速度などが更に高速になり、色んなプロバイダーが斬新なWiMAXとして、キャンペーンなどを取り入れながら販売しているというわけです。
Y!mobile(Yモバイル)であるとかドコモにおいて決められている「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBというとパソコンで映像を視聴すると約2時間で達することになり、瞬く間に速度制限が掛かることになります。



WiMAXエリアauの利用方法

モバイルWiFiルーターを選ぶという時に、特に焦らずに比較しなければならないのがプロバイダーなのです。プロバイダー次第で、取り扱っているWiFiルーターであるとか料金がすごく変わるからなのです。
LTEと言いますのは、今現在の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味合いの通信規格で、何年か先に登場するであろう4Gへの移行を円滑にするためのものです。それもあって、「3.9G」として分類されています。
通信可能エリアを拡大することや通信速度の更なる向上など、取り組むべき問題はまだまだありますが、LTEは軽快なモバイル通信を成し遂げるために、「長期に亘る進歩」を続けている最中だと言えます。
「ポケットWiFi」と申しますのはソフトバンクの商標ということで登録されているのですが、概ね「3G又は4G回線経由でモバイル通信をする」場合に不可欠なポケットに入れられるようなWiFiルーターのことを意味すると考えていいでしょう。
モバイルWiFi端末の分野において、ワイモバイルのポケットWiFiが低価格の先頭を走っています。ワイモバイルの登場がなければ、ここ何年かのモバイルWiFi端末の分野での価格競争はなかったはずです。



WiMAXエリアauの強みとは

WiMAXのサービスが利用できるのか否かは、UQコミュニケーションズが一般公開している「サービスエリアマップ」をチェックしたら判断できると思います。特定の地域については、「ピンポイントエリア判定」を実施すれば判断可能だと思います。
今の段階ではLTEが使えるエリアは狭いと言わざるを得ませんが、エリア外にて通信をしようとする時は、何もしなくても3G通信に変更されてしまいますから、「接続することができない」という様なことはないはずです。
今流行りのWiMAXを使いたいという人は多くいらっしゃると思いますが、「WiMAXとWiMAX2+の決定的な違いというのは何かが明らかになっていない」という人に役立つように、その違いをご案内しようと思います。
プロバイダー個々にキャッシュバックされる時期は異なります。実際的に入金される日は何か月間か経過した後と規定されていますから、そうした部分も理解した上で、どのプロバイダーで求めるのかを決定すべきです。
モバイルWiFiを安く手に入れるには、月額料金や端末料金は当然の事、初期費用であったりポイントバックなどを全部計算し、その合計金額で比較して手頃な機種を購入するようにしてください。