WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAXエリア制限について

WiMAXの通信可能エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に達しているのです。東京23区は言うまでもなく、日本各地の県庁所在地などにおいては、100%と言っていいくらい通信サービスの提供を受けることができると考えていただいてOKでしょう。
WiMAXモバイルルーターに関しましては、契約時に機種を選択することができ、概ね無償で入手できます。そうは言っても選択方法を間違えてしまいますと、「使用する予定のエリアでは利用不可だった」ということが少なくありません。
WiMAXと言いますのはモバイルWiFiルーターの一種であり、屋内にいる時は勿論の事、戸外にいる時でもネットに繋げられ、それにプラスして毎月毎月の通信量も無制限だという、とっても高評価のWiFiルーターです。
WiMAXでは、名の通ったプロバイダーがしのぎを削って実施しているキャッシュバックキャンペーンが大賑わいですが、こちらのウェブページでは、ホントにWiMAXは通信量に関して規定されておらず、お得な料金設定になっているのかについて整理しております。
「ポケットWiFi」と呼ばれるものは、ワイモバイルという通信ブランドが展開しているモバイルルーターのことであり、本当のところ何所でもネット可能なモバイルWiFi全体を指すものではないわけです。



WiMAXエリア制限とは

「WiMAX又はWiMAX2+を買うつもりだ」と言われる方に注意してほしいのは、確実にプロバイダーを比較するということをしないと、2万円から3万円くらいは損することになりますよということです。
高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+(ハイスピードモード)ですが、こちらは速度制限が実施されても下り速度が1~6Mbpsはキープされますから、YouToubeの動画くらいは見れる速度で利用可能だと思っていただいていいでしょう。
従前の通信規格と比較しましても、本当に通信速度が向上していて、相当量のデータを短時間で送受信可能だというのがLTEの強みです。現代人のニーズを満足してくれる通信規格だと考えられます。
現段階ではWiMAX2+の通信サービスエリアになっていないと言われる方も、今セールスされているWiFiルーターを使用すれば、以前のWiMAXにも接続可能ですし、別途オプション料金を払えば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも繋ぐことが可能です。
「ネット使い放題プラン」で利用者が急増中のWiMAX。高速モバイル通信量無制限のモバイルWiFiルーターとして販売競争の先頭を走っており、導入も手間要らずですし、プラン内容を考えたら月額料金も安めです。



WiMAXエリア制限の利用方法

「WiMAXのサービスエリア確認を行なってみたけど、間違いなく電波が来ているのか?」など、ご自分が常日頃PCを利用している所が、WiMAXが使えるエリアなのかエリアではないのかと不安を感じているのではないですか?
「WiMAXを買いたいと思っているけど、通信エリア内かどうか微妙だ。」という方は、15日間の無料トライアル期間がありますから、その無料サービスを活かして、数日間使用してみることを推奨します。
「ポケットWiFi」と申しますのはソフトバンク(株)の商標になっているわけですが、ほとんどのケースで「3Gであったり4G回線を利用してモバイル通信をする」という時に必要とされる小さいWiFiルーター全部のことを指すと言えるでしょう。
WiMAXはトータルコストを計算してみても、他のモバイルルーターよりお得な料金でモバイル通信を利用することができます。回線利用可能エリア内においては、1台のWiMAXモバイルルーターで何台ものWiFi機器をネット接続できます。
「速度制限なし」というのはWiMAXだけという印象をお持ちかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式を変更することで、速度制限が為されることなく使い続けられる「アドバンスモード」と呼ばれるプランがあるのです。